概要

ドキュメントリストの自動作成(詳細情報の自動反映)の対象になる項目が追加されました。従来の5項目に加え、新たに「反社条項の有無」「締結日」の項目が自動反映されます。

【解説動画】

機能の詳細

自動反映機能の対象になる項目は以下の通りです。

  • 契約書名

  • 契約相手方

  • 契約開始日

  • 契約終了日

  • 自動更新

  • 締結日(自動反映対象に追加)

  • 反社条項の有無(項目新設、自動反映対象に追加)

この機能追加により、従来以上に手間なく契約書の台帳管理をすることが可能になります。

※本機能は標準機能です。

〈注意〉
本機能リリース時点で、既にHubbleおよびドキュメントリストをご利用導入頂いている皆様においては、各項目の表示/非表示の設定は、以下の通りとなります。

◆「締結日」
現時点の設定に従って表示/非表示されます。

◆「反社条項の有無」
一律で非表示となっています。
(表示されたい場合には、ドキュメントリストの設定画面から、「表示」に切り替えてください)

(ドキュメントリストの設定画面はこちらです。)

【操作イメージ】

具体的な使い方は、以下のヘルプページをご覧ください。

▼参考ページ

回答が見つかりましたか?