目次

1-1.Hubbleのコメントがリッチテキストに対応

1-2.コメント欄の広さの変更が、より自由に行えるようになりました

1-3.メンション忘れを防止する記載を追加しました

2.Hubble上の権限と表示されるSlackフォームとの関係について改善しました。


今回のコメントに関するアップデートの概要は、こちらからご覧頂けます!

(所要時間4分)

1-1.【新機能】Hubbleのコメントがリッチテキストに対応

Hubbleのコメント上で、太字、斜体、引用、色の変更ができるようになりました。

▼参考ページ

1-2.【機能改善】コメント欄の広さの変更が、より自由に行えるようになりました

コメント欄を皆様の好みの広さに自由に変更できるようになりました。

▼参考ページ

1-3.【機能改善】メンション忘れを防止する記載を追加しました。

メンションを促す表示をコメント欄に追加しました(この表示はコメントを入力すると表示されなくなります)。

〈補足〉
従来通り、@メンションのないコメント(メモ)も、記載自体は可能です。

2.【機能改善】Hubble上の権限と表示されるSlackフォームとの関係について改善しました

Slackフォーム機能を活用する際に、権限を持たないフォルダに紐づくフォームは、Slack上で選択する際に表示されないようになりました。

▼参考ページ

回答が見つかりましたか?