目次

  1. 概要

  2. 設定方法

  3. 使い方

  4. 一度紐付けたバージョンからの解除

1. 概要

クラウドサインで合意締結した契約書を、任意のHubbleドキュメントに「締結済み契約書」として事後的に紐付ける機能です。

自社からHubbleのクラウドサイン連携を通して送信するケース・紙やPDFで締結後に手動でHubbleにアップロードするケースに加え、契約の相手方からクラウドサインで受信したケースでも締結版を紐付けることで、Hubbleの契約データベース性を強化できるようになります。

2. 設定方法

設定方法は従来のクラウドサイン連携と同様です。

Hubbleにログイン後にアクセスしたこちらのページでクラウドサインのクライアントID入力が済んでいる場合、追加での設定は不要です。

設定が済んでいない場合は下記に従って設定を行ってください。

クラウドサイン連携 - 締結する契約書でクラウドサインを使う【設定編】

3. 使い方

①バージョンを選択

Hubbleのドキュメント詳細画面を開き、紐付けを行うバージョンを選択した状態にします。

②メニューをクリック

メニューバーの「三点リーダー」をクリックし、「クラウドサインの締結済ドキュメントと紐づける」を選択します。

※既に締結済み契約書PDFがアップロードされている場合など、「三点リーダー」が現れないケースがあります。詳細は「電子契約への導線が出てきません」をご覧ください。

③クラウドサインのURLを取得

クラウドサインで合意締結が完了した契約書のURLを取得します。

取得方法は2通りあります。

(1)クラウドサインの管理書類画面から取得

クラウドサインで締結済みの書類一覧ページにアクセスし、該当の契約書をクリックします。

ブラウザのアドレスバーから、 https://www.cloudsign.jp/document/XXXXXXXXXXXX/summary またはhttps://www.cloudsign.jp/team/document/XXXXXXXXXXXX/summaryの形式になっているURLをコピーします。

(2)合意締結完了メールから取得

合意締結の完了時にクラウドサインから届くメールの「書類を確認する」ボタンをクリックします。

ブラウザのアドレスバーから、

https://www.cloudsign.jp/document/xxx/xxx/xxx=emailまたはhttps://www.cloudsign.jp/document/XXXXXXXXXXXX/summary またはhttps://www.cloudsign.jp/team/document/XXXXXXXXXXXX/summaryの形式になっているURLをコピーします。

④ファイルを選択

③で取得したクラウドサインのURLをHubbleに貼り付け、「取得」をクリックします。

紐付けるファイルを選択し「選択」をクリックします。

以上で完了です。バージョンにクラウドサインのアイコン・締結済み契約書PDFのアイコンがついていることを確認してください。

4. 一度紐付けたバージョンからの解除

本連携を用いた紐付けをバージョンから解除する必要がある際は、下記ヘルプページを参考に削除お願いします。

【管理者・オーナー向け】締結した契約書PDFファイルの削除、電子契約連携の解除をする


▼参考ページ

回答が見つかりましたか?