目次

  1. 概要

  2. 方法

1. 概要

管理者またはオーナーの方は、同一組織内でゴミ箱に入れられた全てのドキュメントを確認し、必要に応じて復元することができます。

※通常の「ゴミ箱」(ドキュメント削除)機能では、自身が削除したドキュメントのみの確認・復元が可能です。

2. 方法

右上のメニューから「管理画面」に入ります。

左のメニューで「管理者権限」を選択し、「ゴミ箱」から「確認する」をクリックします。

ゴミ箱内のすべてのドキュメントが表示されます。

復元する際はドキュメント名右側にマウスを合わせ「ファイルの復元」をクリックして完了です。

▼参考ページ

回答が見つかりましたか?