目次

  1. 概要・前提

  2. 使い方・対象項目

  3. 対象外となるドキュメント

  4. 注意点

重要部分を抜粋した動画説明もぜひご覧ください。

1. 概要・前提

Hubbleに契約書をアップロードし、専用のボタンを押下することで「契約書名」「契約相手方」「契約開始日」「契約終了日」「自動更新の有無」をシステムが自動で抽出し、詳細情報欄(=ドキュメントリスト)に反映します。

ドキュメントリストのご契約企業がご利用になれます。ドキュメントリストをご利用希望の際は、右下のチャットよりお問合せください。

2. 使い方・対象項目

Hubbleでドキュメント詳細画面を開き、右側のiマークから詳細」情報欄を開きます。

自動反映」ボタンをクリックすると、最新バージョン内の情報が自動で抽出・反映されます。最新バージョン以外ではボタンのクリックができません。

ボタンをクリックできるのは、当該ドキュメントに
「編集者」または「閲覧者」のアクセス権限を持つユーザーのみとなります。

自動反映の対象となる項目は以下の通りです。

  • 契約書名

  • 契約相手方

  • 契約開始日

  • 契約終了日

  • 自動更新

ただし、情報がシステムにより検知されなかった場合は反映されません。

それぞれ、以下のような表示になります。

また、自動反映ボタンのクリック前に情報が入力されており、ボタン押下により該当箇所が見つかった場合、情報は上書きされます。

3. 対象外となるドキュメント

Word・PDFドキュメントいずれにおいても自動反映が可能ですが、文字情報を持たないPDF(画像をPDF化したものなど)は対象外です。

また、読み込みパスワードが設定され、Hubble上で解除されていないドキュメントも対象外となります。

4. 注意点

自動反映は機械的に行っており、100%の正確性を保証するものではありません。

反映後に必ずチェックを行ってください。

▼参考ページ

回答が見つかりましたか?