目次

  1. 前提条件

  2. 設定方法

1. 前提条件

  • SSO機能はオプション機能です。利用希望の際には、右下チャットからお問い合わせください。

  • 事前にHENNGE Oneに登録されたユーザーと同じメールアドレスでHubbleのアカウントを管理者が追加する必要があります。

2. 設定方法

ここでは、Hubbleで必要な設定について説明します。

Hubbleでの設定が完了後、HENNGE Oneで行う設定についてはHENNGE株式会社の提供しているHubbleのシングルサインオン設定マニュアルをご覧ください。

①管理画面を開く

管理者ユーザーとしてHubbleにログインし、右上のアカウントメニューから「管理画面」をクリックします。

②SSOの設定を開く

左の「アプリケーション」を選択後、アプリケーション一覧から「SSO(SAML)認証」の[詳しく見る]をクリックします。

[SAML認証の設定を開始する]をクリック

③プロバイダを選択する

プロバイダ名で「HENNGE One」を選択します

④メタデータをアップロードする

HENNGE Oneから取得したメタデータ情報を、アップロードします。

メタデータは、以下のURLから取得できます。

https://ap.ssso.hdems.com/portal/<テナントID>/saml/metadata/rsa2048_sha256.xml

またテナントIDは、HENNGE one をご契約頂いているIDとなります。

確認方法はHENNGE社のマニュアルをご覧ください。

⑤HENNGE Oneへ設定するための情報を取得後、登録

この後のプロセスでHENNGE Oneに入力するための情報を手元に控えます。

  • エンティティID

  • ACS URL

を、PCのメモ帳などにコピー&ペーストしてください。

[登録]を押して、Hubble側での設定は完了です。

この後、HENNGE One側での設定が必要となります。

設定方法については、HENNGE株式会社の提供しているHubbleのシングルサインオン設定マニュアルSTEP10以降をご覧ください。


▼参考ページ

回答が見つかりましたか?