※以下の連携を利用してHubbleからクラウドサインで送信するには、事前の設定が必要となります。方法は【設定編】のページをご覧ください。

目次

  1. Hubbleからクラウドサインで送信する方法

  2. メタデータ連携の仕様

  3. クラウドサインのステータスをHubbleから確認する方法

  4. クラウドサイン連携済みの契約書PDFをHubbleから確認する方法

1. Hubbleからクラウドサインで送信する方法

連携の設定が完了していると、メニューバーに「三点リーダー」が表示されます。そこから[クラウドサインにアップロード]を選択します。

(設定が完了しているのに三点リーダーが表示されない場合、こちらのページの②〜⑥をご覧ください。)


Hubbleからクラウドサインにアップロード後、PDFの確認画面が表示され、右上の[クラウドサイン]ボタンをクリックすると、クラウドサインに遷移します。

以降は、いつも通りのクラウドサイン通りの締結作業になります。

2. メタデータ連携の仕様

Hubbleの「詳細」欄で入力した情報を、そのままクラウドサインにも反映することができます。(2021/10/5 追加機能)

連携が可能な情報の一覧は以下の通りです。

Hubble「詳細」での名称

クラウドサイン「書類情報」での名称

備考

契約書名

タイトル

クラウドサイン側で必須。未入力の場合、Hubbleドキュメントのタイトルが入ります

契約相手方

契約相手の名称

契約開始日

契約開始日

契約終了日

契約終了日

自動更新

自動更新の有無

更新/解約通知期限

解約通知期限★

Hubbleでは更新/解約の「〜日前」単位、クラウドサインでは「年月日」形式で表示

締結日☆

契約締結日

管理番号☆

管理番号★

取引金額☆

取引金額★

☆…Hubbleドキュメントリストをご契約の企業様のみ表示

★…クラウドサインで送信先には開示されない、社内用の管理項目

3. クラウドサインのステータス・PDFをHubbleから確認する方法

Hubbleからクラウドサインを使って送信した後、下記動画のように、クラウドサインのアイコンがバージョンに付くようになります。

クラウドサインのアイコンにマウスオーバーすると、クラウドサインでのステータスを確認できます。ロゴをクリックすると、クラウドサインのURLが開きます。


4. クラウドサイン連携済みの契約書PDFをHubbleから確認する方法

バージョンツリーの赤い「PDF」アイコンをクリックすると、新しいタブでクラウドサイン連携したPDFが開きます。締結が完了していれば、署名・印影も表示されます。


▼参考

回答が見つかりましたか?