目次

  1. 概要

  2. 原則:権限を持たないフォルダ・ドキュメントは表示されない

  3. 例外的に一部表示されるフォルダ

1. 概要

Hubbleではフォルダ・ドキュメントごとにアクセス権限を設定することができます。(設定方法はこちらの「アクセス権限」のページをご覧ください。)

権限を持たないフォルダ・ドキュメントは、原則として表示されません。

ただし一部のケースで、権限がなくてもフォルダ名のみ表示される場合があります。

2. 原則:権限を持たないフォルダ・ドキュメントは表示されない

フォルダ・ドキュメントに対するアクセス権限(編集者・閲覧者・訪問者権限)を付与されていない場合、それらはHubbleのフォルダ・ドキュメント一覧画面上には表示されません

すなわち、それらのフォルダ・ドキュメントが存在していること自体を関知できないことになります。

3. 例外的に一部表示されるフォルダ

下記のように、アクセス権限を付与されてはいないが、その配下にあるドキュメント・フォルダには権限がある場合、権限があるドキュメント・フォルダまでの「通り道」となるフォルダは、存在(フォルダ名)のみが見えることになります。

通り道となるフォルダの中で表示されるのは、以下のいずれかのみです。

  • アクセス権限があるドキュメント・フォルダ

  • 通り道としてその配下に進むために表示が必要なフォルダ

上記の例で「通り道」となるフォルダでは、Bさんはフォルダの権限設定などをすることはできません。

▼参考ページ

回答が見つかりましたか?