【新機能】GMOサインとの連携が可能になりました。

Hubbleで作成したドキュメントを、直接GMOサインへ連携し、相手方へ送付することができます。

GMOサイン側の機能を用いて、署名順の設定押印位置の設定などが可能です。

〈注意点〉
なお、Hubbleとの連携で、以下の機能は2021年8月4日時点で未実装になりますのでご注意ください。
・テキストボックスの配置・設定機能
・チェックボックスの配置・設定機能
・不可視署名の設定機能

詳細な設定方法、利用方法については、こちらをご覧ください。

回答が見つかりましたか?