HubbleのSlack通知には2通りの方法があります。このページでは目的に応じてどのように使い分けるかを解説します。設定方法についてはそれぞれ説明したページをご覧ください。

目次

  1. チャンネル連携(Webhook連携)

  2. DM連携

  3. まとめ(表)

  4. 通知面以外のSlack連携(契約書審査依頼フォーム)

1. チャンネル連携(Webhook連携)

Hubbleのワークスペースで行われたすべての個人宛てメンションつきコメントとすべての「いいね」を、特定のSlackチャンネルに流します。

個人向けの通知を監視するというより、組織全体で「そのチャンネルをみていれば、ユーザーがHubbleでどのような・どれくらいの活動をしているかわかる」ようにするための連携です。

図1

設定方法はこちら

2. DM連携

Hubbleのワークスペースで特定の個人へのメンションつきコメントと「いいね」が行われたことを、DMを通してその人に送信します。

個人個人が「Hubbleで自分になされたメンション・いいねを見逃さない」ようにするための連携です。SlackからHubbleへのコメント・いいねもできます。

図1

設定方法はこちら

3. まとめ(表)

個人単位でHubbleでのコメントやいいねの通知を受け取りたい場合は「DM連携」を、組織単位でHubbleでの活動をSlackで共有したい場合は「チャンネル連携」を推奨します。まとめると以下のようになります。

4. 通知面以外のSlack連携(契約書審査依頼フォーム)

SlackからHubbleへの契約書審査依頼を行うことができる連携「契約書審査依頼フォーム」に関しては、下記をご覧ください。

回答が見つかりましたか?