目次

  1. Hubble側の操作

  2. ジョブカンワークフロー側の操作

1. Hubble側の操作

以下Hubbleの管理者のみ実施可能です

Hubbleの管理画面にアクセスし、ジョブカンワークフローの[詳しく見る]をクリックします。

② [作成]をクリックし、APIキーを発行し、発行されたキーをコピーします。

〈補足〉
設定は一組織において一度実施すれば足り、ユーザーごとの設定は不要です。

2. ジョブカンワークフロー側の操作

以下ジョブカンワークフローのAdmin」「管理者」「システム担当のみ実施可能です

① ジョブカンの管理者機能の[基本情報設定]から、[外部システム連携]をクリックし、Hubbleとの連携を選択します。

② Hubbleと「連携する」のラジオボタンをクリックし、上記(1)②でコピーしたAPIキーを入力したのち、[保存する]をクリックします。

(これで各フォームにHubble連携を設定できるようになりました)

③ 管理者機能の[基本情報設定]から、[フォーム]を選択します。

④ Hubble連携を実施する任意のフォームを選択します。

⑤ 選択したフォームの「詳細設定」の「Hubble連携」の欄にある、「連携する任意)」又は「連携する必須)」をクリックし、画面下部の[更新する]をクリックします。

〈補足〉
「連携する(必須)」を選択すると、当該フォーム申請時に必ずHubbleへのドキュメント(Wordファイル)アップロードが必須になります。

これで、ジョブカンワークフロとの連携は完了です!

▼参考ページ:

ジョブカンワークフローで申請し、Hubbleでドキュメントを確認する

回答が見つかりましたか?