Hubbleのワークスペースで特定の個人へのメンションつきコメントと「いいね」が行われたことを、HubbleのSlackアプリケーションからDMを通してその人に送信します。「Hubbleで自分になされたメンション・いいねを見逃さない」ようにするための連携です。

さらにコメントに対して、Slackからコメントを返信したり、「いいね👍」をつけたりすることができます。


目次

  1. 設定方法

  2. 使い方

1.設定方法

① 管理画面(https://app.hubble-docs.com/admin/applications)にアクセスします(管理者のみが設定できます

管理者アカウントで、右上のアイコンメニュー(赤枠)から、[管理画面]をクリック

② 管理画面から[アプリケーション]から、Slackの[詳しく見る]をクリック

③ 二段目の下記赤枠の[作成]をクリックします

④ 別ウィンドウが立ち上がり、ブラウザでSlackとの連携について、確認を求められますので、[許可する]をクリックしたら設定は完了です。

設定が完了すると、管理者の方のSlackの「App」に「Hubble」が表示されます。

〈補足〉
上記の設定が完了すれば、管理者以外の他のメンバーもSlackアプリケーションを使用することができます。
他のメンバーは、上記「App」の右にある、[+]からアプリケーションを表示させることができます。

2.使い方

(1)メッセージがSlackアプリケーション内に届くタイミング

自分に宛てられたメンション付きのコメントがあると、Slackアプリケーション内に、DMとしてメッセージが届きます。

(2)「いいね👍」をする

当該Slackアプリケーション上のメッセージにある[👍いいねをする]をクリックすると、Hubble上のコメントにも「いいね👍」がされます。

Slackアプリケーション内

 ↓ Slackでいいねをするとすぐに、Hubble上にも反映されます。

Hubble内

(3)コメントに返信する

Hubbleのコメントに対して、Slackから返信したい場合には、当該コメントのスレッドから返信を書きます。

Slackアプリケーション内

↓ こちらの返信のコメントも、すぐに元コメントの投稿者へのメンション付きでHubbleに反映されます。

Hubble内

〈注意〉
Slackアプリケーション内から、元のコメント投稿者以外のメンバーへメンションをつけても
Hubble内には反映されませんのでご注意ください。

〈補足〉
こちらの機能は、従来のチャンネル連携とも両立する機能です。
グループ内(例えば法務部内)での情報共有も引き続き行いたいという場合には、従来の連携を維持しつつ、今回のアプリケーション機能もご利用頂くことができます。


▼参考ページ

Slack【チャンネル連携】Hubbleでの活動を #チャンネル で共有する


[Privacy Policy in English]

https://static.app.hubble-docs.com/privacy_policy_english/index.html

回答が見つかりましたか?