Hubbleで作成したドキュメントをそのままDocuSignで締結作業が可能になりました。Hubbleで契約書の社内検討をし、ワンクリックでDocuSignに遷移、そのまま締結できます。

1. 仕様
2. 設定方法
3. DocuSign連携でできること

仕様

設定者:全てのユーザが可能です。
DocuSignを利用できないバージョンは下記です。

  • 既にDocuSign・クラウドサインにアップロードされている。
  • 締結済みのPDFがアップロードされている
  • 分岐したブランチ(分岐後統合されていない)のバージョン

設定方法

OAuth認証により、アカウントを紐付けます。
右上のアイコンメニューのからアカウント(赤枠)から設定を行います。

アカウント設定の左サイドメニューの[アカウント連携]をクリックし、完了です。

DocuSign連携でできること

  1. 上記の連携が完了すると、右上のメニューから[このバージョンをDocuSignにアップロード]が利用可能になります。

2. HubbleからDocuSignにアップロード後、PDFの確認画面が表示され、右上の[ドキュサイン]ボタンをクリックすると、DocuSignに遷移し、あとはいつも通りのDocuSign通りの締結作業になります。

ステータスも確認できます

  1. HubbleからDocuSignを使って送信した際、下記画像のようにDocuSignのロゴが現れます。
  2. ロゴをマウスオーバーすると、ステータスが確認できます。

3. ロゴをクリックすると、DocuSignに遷移し、契約書の内容を確認できます。

補足:DocuSignのロゴのステータス(マウスオーバで確認できるもの)はブラウザをリロードのタイミングでDocuSignから取得しています。

回答が見つかりましたか?