目次

  1. 概要

  2. メンション付きとなしのコメントの違い

  3. メンション名の設定方法

1. 概要

ドキュメントのバージョンごとに、コメントすることができます。

また、コメント内で@から始まるメンションが可能です。


メンションは、@(半角アットマーク)を使用して「誰から誰へ」のコメントであるかを明確にします。(例:@HayakawaShimpei や @sakaitomoya など)

〈補足〉
コメントの送信は [送信する] をクリックいただく他に、以下ショートカットキーが存在します。
・Command + Enter (OSがmacの場合)
・Shift + Enter(OSがmac又はWindowsの場合)

※なお、コメント内の改行は、Enterで行います。

なお、Internet Explore 11上でメンション付きのコメントを送付する場合は、操作方法が異なります。必ずこちらをご覧ください。

2. メンション付きとなしのコメントの違い

メンション付きのコメント

以下のケースで利用することを想定しています。

  • 誰に向けたコメントであるかを明確にしたい

  • コメント相手に通知を飛ばしたい:メールやSlack通知は、メンションが付いたコメントがされた時のみ、即時で送信されます。

メンションなしのコメント

自分用のメモや備忘などの際は、メンションなしでご利用ください。
メンションのないコメントは、1日に1回活動履歴メールの内容として通知されます。即時での通知は送信されません。

3. メンション名の設定方法

自分のメンション名を変更する

1.アカウント設定 (https://app.hubble-docs.com/user/profile


2. メンション名を変更してください

管理者側からメンバーのメンション名を変更することも可能です

1.管理画面に遷移(https://app.hubble-docs.com/admin/users

2. 変更するユーザーをクリック


3. メンション名を変更

▼参考ページ

回答が見つかりましたか?