概要

Hubbleで作成したドキュメントをそのままクラウドサインで締結作業が可能になりました。

前提条件

クラウドサインはスタンダードプラン以上で利用が可能です。

クラウドサイン連携の全体像

クラウドサインの前行程をHubbleでカバーします。

設定方法

  1. クラウドサイン側

クラウドサイン側のチャットボットでAPIを利用したいという旨を伝えてください。(例:「Hubbleと繋ぎたいので、WebAPIを利用したい」) 


2. クラウドサイン側
クラウドサイン側の対応が完了したら、管理画面のこのURLにアクセスし、クライアントIDを発行し、コピーしてください。

3. Hubble側
右上のアイコンメニューのからアカウント(赤枠)から設定を行います。
https://staging.app.hubble-docs.com/user/extension


4. Hubble側
表示されたクラウドサインのクライアントID入力欄に、先ほどコピーしたクライアントIDを入力し、更新ボタンを押してください。

5. 完了🎉

実際の操作方法

1.右上のメニューから[このバージョンをクラウドサインにアップロード]が利用可能になります。


2. Hubbleからクラウドサインにアップロード後、PDFの確認画面が表示され、右上のクラウドサインボタンをクリックすると、クラウドサインに遷移し、あとはいつも通りのクラウドサイン通りの締結作業になります。

ステータスも確認できます

1. Hubbleからクラウドサインを使って送信した際、下記画像のようにクラウドサインのロゴが現れます。

2. ロゴをマウスオーバーすると、ステータスが確認できます。

3. ロゴをクリックすると、契約書も内容を確認できます。
補足:ステータスはブラウザをリロードのタイミングでクラウドサインから取得しています。

仕様

設定者:全てのユーザ(クラウドサインでクライアントIDが発行できる方)が可能です。
クラウドサインに飛ばせないバージョン:

分岐したブランチ(分岐後統合されていない)のバージョンの場合


締結済みにPDFが飛ばしたいバージョンにアップロードされている場合

既にクラウドサインに飛ばされている場合

回答が見つかりましたか?