目次

  1. 概要

  2. 通知のタイミング

  3. 設定方法

  4. 通知内でメンションを有効にする

1. 概要

Hubbleのワークスペースで行われたすべての個人宛てメンションつきコメントと「いいね👍」を、特定のSlackチャンネルに流します。
組織単位で「そのチャンネルをみていれば、メンバーがHubbleでどのような・どれくらいの活動をしているかわかる」ようにするための連携です。

個人単位で通知を監視する「DM連携」の設定方法はこちらから、「DM連携」との使い分けはこちらをご覧ください。

2. 通知のタイミング

  • ドキュメントに個人メンションつきのコメントがされた時(グループ宛のメンションは現在対象外です)

  • コメントに「いいね👍」がされたとき

3. 設定方法

1.管理画面にアクセスします(管理者のみが設定できます。)

管理者アカウントで、右上のアイコンメニュー(赤枠)から管理画面をクリック
https://app.hubble-docs.com/admin/plugins/detail?service=slack

2.管理画面から[アプリケーション]をクリック。Slackの[詳しく見る]をクリック


3.下記の[Webhook URL]を入力します。

SlackのWebhook URLはこちらから取得できます。

Webhookについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

〈Tips〉
Webhook取得時には、名前やアイコンをカスタマイズすると、Hubbleからの通知であることがわかりやすくなるのでオススメです。

4.「本文の表示有無」を設定する

Hubble上で入力されたコメントの内容を、Slack上でも表示させるかを選択します。

コメントを流すチャンネルの属性に応じて、決定してください。

確定後、[連携]をクリックします

5.完了
下記の完了通知が、Slackに流れたら完了です。

4. 通知内でメンションを有効にする

2021/3/5 追記
この方法は現在推奨しておりません。個人向けの通知を受け取る際は、以下の「DM連携」をご利用ください。

Slack連携【DM連携】Slackアプリケーションを使用する

Slack通知でメンションを有効にすることができます。
※少しHack的な要素がつよいです。

Slack側

赤枠を順にクリックしてください。

ここでメンバーID(member ID)をコピー。

Hubble側

https://app.hubble-docs.com/user/profile
プロフィールの情報の表示名に、<@〇〇>を追加。

〈注意〉
<@memberID> ※全て半角です

これで、Hubble内でメンションされたコメントにについて、Slack内でもメンションが飛ぶようになります


回答が見つかりましたか?