ユーザーの登録・停止・削除ができるのは「管理者」または「オーナー」権限をお持ちの方のみです。

目次

  1. 該当URL

  2. ユーザーの登録方法

  3. ユーザーの停止・再開

  4. ユーザーの削除

1. 該当URL

https://app.hubble-docs.com/admin/users

2. ユーザーの登録方法

① [管理画面]にアクセスします。

② [ユーザー設定]から[ユーザー追加]をクリック

③ 必要項目をうめて、[招待メール送信]をクリック

ユーザー名(メンション名): コメント時に、「@メンション名」で相手宛てにコメントができます。

表示名: 使用しているユーザーの名前です。「早川 晋平」の形で使用します。

メールアドレス:emailアドレスを入力してください。

アカウント権限:「管理者」または「メンバー」を選択できます。管理者について、詳しくは「統制権限の全体像」のページをご覧ください。

〈注意〉
ユーザー名に使えるのは、アルファベット、数字、「_」(アンダースコア)のみです。

追加するグループがあれば、選択して「追加」します。

複数グループへの追加が可能です。

最後に通知メールのON/OFFを設定し、「招待メールを送信」します。

※以下のケースではユーザーの追加に失敗します。

  • 既にHubbleに登録されたメールアドレスで登録しようとしている場合(当該アカウントが削除されている場合も含みます)

  • 既にHubbleに登録されているアカウントと同じユーザー名で登録しようとしている場合

各メールの内容は以下のページをご覧ください。

以上でユーザーの登録が完了です。
入力されたメールアドレス宛てに、[noreply@hubble-inc.jp]からHubbleへの招待メールが送信されます。

〈補足〉
万が一、招待後に上記の情報を変更したい場合は、各ユーザーが各自のアカウント画面に
アクセスすることで変更することができます。

▶︎参考ページ:「ユーザー情報の編集

3. ユーザーの停止・再開

(1)仕様

停止をすると、ログインができなくなりますが、メール通知等は送信されます。
「停止」は、復活を前提としており、復活した際にドキュメント、グループ等に戻ることができます。

停止・再開を実施できるのは「管理者」のみとなっています。

〈注意〉
・ユーザーを停止しても、グループに停止したユーザーが残り続けます。
(グループ設定から削除したい場合は、ユーザー設定からユーザーを削除する、または手動でグループから外すことが必要になります。)
・停止ユーザーも、ご利用されているアカウント数に含まれます。
・異動などにより一時的にHubbleを使用しなくなる場合を想定しております。

(2)操作方法

① 管理画面の[ユーザー設定]にて、ユーザーを選択します。

②「ユーザー情報を編集する」をクリック

③ユーザー情報の編集画面で「利用状況」を[停止中/利用中]にし、「更新

※アカウントの権限が「管理者」「オーナー」となっている場合、停止はできません。対処方法はこちらのページをご覧ください。

4. ユーザーの削除

(1)仕様

ユーザーの削除機能は文字通り、ユーザーを削除する機能です。
停止と異なり、ユーザーの復旧ができなくなります
削除を実施できるのは「管理者」「オーナー」のみです。

削除されたユーザーは、ご利用されているアカウント数に含まれません。退職した場合など、Hubbleを使わなくなる場合を想定しています。

削除したアカウントが利用していたアドレスでの再登録は、原則として不可となりますのでご注意ください。

※ユーザー設定からユーザーを削除しても、誰が編集したかといった記録を残す観点から当該削除ユーザーの過去の履歴(コメントの内容・アイコン、当該ユーザーへのメンション等)は残り続けます。

(2)操作方法

① 管理画面の[ユーザー設定]にて、削除したいユーザーを選択します。

② 削除したいユーザーの詳細画面最下部にある「削除」ボタンをクリックします。

※アカウントの権限が「管理者」「オーナー」となっている場合、削除はできません。対処方法はこちらのページをご覧ください。


▼参考ページ

アカウントの停止と削除の違い

回答が見つかりましたか?